ロングの縮毛矯正はどれくらいの期間でするのがいいの?

毎度こんにちは髪の屋菅野です。

いやーもう秋ですね!

気がつけば!4ヶ月もブログ書いてなかったです(笑)

いけませんねーIT理容師(?)として恥ずべきことです。

もうちょっとしっかり発信していきます。

 

さて本日も縮毛矯正!

ロングの場合です。

まずはビフォアから

まあこのままでもなんとかなりそうではあるのですが、前髪がひどい。

特にこの時期どれだけ自分でアイロンで伸ばしたとしても湿気と汗であっという間にクセが出ます。

朝の5分は貴重だというのに…!

アフター

クセはしっかり伸びましたね!

コーミングが下手くそすぎて長さがバラバラに見えますが!(泣)

どれくらいの期間でするべき?

くせの出方なんか人それぞれなんですよ。

白髪染めと同じで気になったらすればいいと僕は思ってます(笑)。

ただ、ロングの人はくくることが多いんでそこまで気になりにくいとは思います。

「マメにし過ぎると髪傷むじゃない」

という方もいらっしゃいますが、うちは基本的には伸びたところしか矯正しません。

縮毛今日はかなり髪を傷める施術です。

出来るだけ負担を少なくしないと髪の毛ぱっとみキレイでもボロボロになっていきますからね。

ツルツルサラサラはあなたの髪の状態次第なので。決して縮毛矯正のおかげってわけでもありません。

長く綺麗な髪を楽しみましょう☆

関連記事

  1. 縮毛矯正アフター
  2. 縮毛矯正アフター
  3. ショートの縮毛矯正アフターフロント
  4. メンズも縮毛矯正はいかがでしょう?

定休日

PAGE TOP